滋賀県 司法書士事務所 西澤司法書士事務所。不動産売買・新築登記のページ

不動産売買・新築登記

通常の場合不動産取引の流れは、
①売買契約の際に、手付金を支払い、
②登記に必要な書類と引き換えで、残りの代金の支払い
③登記の完了という手順を踏みます。

しかしながら、不動産の取引は通常高額であり、詐欺やトラブルが発生した場合に、当事者に大きな損害をもたらすことがあります。不動産取引においては、売主の「売る」、買主の「買う」意志が確認できて、初めて契約が有効となります。

必ず売主の本人確認が必要ですし、登記簿謄本も最新のものを確認することが重要です。不動産登記の専門家である私たち司法書士は、総合的問題点の把握とチェック、アドバイスを行い、スムーズな手続きができるようサポート致します。
将来にわたっての安心をご提供できると確信しておりますので、一度お気軽にご相談ください。

不動産登記に関するよくある質問

登記申請手続は、通常、必要書類の受取り、鍵の引渡し、売買の代金支払、住宅ローンの融資実行と同じ日に一斉に行われます。
登記申請を失敗することは許されません。専門家に任せて手続きするのが安心・安全です。

不動産を購入した際に何故、登記が必要になるのですか?

売買契約により不動産は買主の所有となります。しかし、売主以外の第3者は、その不動産が誰のものなのかがわかりません。
そこで、誰からでもわかるように「登記簿」に所有者の名前を記載し、一般に公開しているのです。逆に登記簿に所有者として名前を記載しているからこそ、誰に対しても自分が所有者であることを主張できるのです。

住宅ローンを組む際に必要となる登記費用の内訳を教えて下さい
  • 1:登録免許税
    債権額の0.4%が必要となります。ただし、市役所で発行する「住宅用家屋証明書」を添付すれば、減税されます。
  • 2:登記簿謄本代
    どのような登記を行うかを調査するために1通、登記後確認用に1通の計2通必要となります。不動産1個につき1通1,000円になります。
  • 3:司法書士の報酬
    ご自身で行う場合は当然不要です。具体的な額は事務所により千差万別ですので、各ホームページ等でご確認ください。ただし、大抵の場合、1・2を抜きにした3のみの価格を掲載しているところが多いようなので、ご注意下さい。
    ※注:行政書士は登記申請を代理することはできません。

不動産登記に関する司法書士報酬および料金のご案内

費用の概算については、以下をご参考ください(具体的な調査内容、物件数、難易度により異なります)。
ただし、報酬には登録免許税等の実費および消費税は含まれておりません。また、下記費用はあくまでも目安です。
詳しい料金等は見積を出させていただきます。見積は無料で実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

手続き 報酬(登録免許税等実費は別途) 備考
所有権保存 25,000円~
所有権移転(土地) 45,000円~
抵当権設定 35,000円~
抵当権抹消 15,000円~
登記名義人表示変更 12,000円~

手続き法務、身近な法律相談、お困り事がありましたらお気軽にお問い合わせください

0748-23-2430

営業時間
月~金曜日9:00~18:00

メールメールでのお問い合わせはこちら